いいこ な あたし
<< 雪虫 (中公文庫) main まだまだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
流星ワゴン (講談社文庫)

38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。
僕らは、友達になれるだろうか?

死んじゃってもいいかなあ、もう……。
38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。
そして自分と同い歳の父親に出逢った。
時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか?
「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。

--------------------------------------------

昨日寝ずに一気読み

ちょっと泣けました


疾走を書いた重松さんだけど

あたしは割りと好きですね

簡潔な言葉しか使わないのに

気持ちとかが凄く伝わる


父と息子 の物語

これってやっぱり 男同士にしかわからないんだろう

でも やっぱり 深いところのテーマは 死 で

色々考えさせられた一冊





もし あたしが ワインカラーのオデッセイに乗る事が出来たなら

どこに 連れて行かれるんだろう

あたしの 人生の分岐点は どこだったの?

初めて二股を見つけたときかな

あのとき 許さなかったら

きっと 今は 劇的に変わってたと思う



でも 後悔してる時にしか 連れて行ってもらえないわけで

そしたら その時は あの夜じゃないね




後悔か

たくさんありすぎて

候補が浮かばない





寝起きだからなのか

気分は冴えなくて

憂鬱変わらず




メンヘラちゃんいないし

もうやだよーだ
16:47 LIFE comments(0)
スポンサーサイト
16:47 - -
comment

message :